分娩後脱毛症原因

スポンサードリンク


出産後の脱毛

FAGA、びまん性脱毛症と並んで女性の脱毛の大きな原因が分娩後脱毛症です。産後の抜け毛、薄毛に悩む人は多いのです。

 

どうして産後に抜け毛が増加して薄毛になってしまうのか?

妊娠中または産後に髪の毛の脱毛を感じたと思っている方が6割ぐらいと、結構多くの人が悩んでいる悩みです。妊娠中には栄養バランスが崩れてしまったり、女性ホルモンのバランスが崩れてしまったります。

 

そうなると髪の毛が抜けてしまう様になって薄毛になってしまうのです。

 

しかし、この状態は妊娠中ずっと続く訳ではなく、妊娠後期には女性ホルモンの分泌量が増えてくると抜け毛も少し落ち着いてくる様になります。しかし、出産が終わってホルモンバランスが通常の状態に戻る様になるとまた髪の毛が抜けて来るようになるのです

 

妊娠中の栄養バランスや女性ホルモンの乱れによって髪の毛、頭皮環境が乱れてしまうのです。乱れたヘアサイクル、成長期だった髪の毛が成長を止めてしまう休止期に切り替わってしまうため抜け毛が増えて薄毛になってしまうのです。

 

産後2〜6ヶ月の間にもこの症状は出やすく、ホルモンバランスの乱れによりヘアサイクルに悪影響を与えてしまうのです。

 

産後の抜け毛、薄毛はずっと続くわけではありません。多くの場合は産後1年位で元に戻ると言われています。ただ、それでも何もケアをしないのは・・・。頭皮ケアシャンプーで頭皮を清潔にして育毛剤で頭皮にしっかりと栄養補給をしてあげましょう。

 

産後の抜け毛で悩んでいる女性から人気の育毛剤もありますからね。

 

しかし、なかにはなかなか回復が見られない人がいるのも事実。その様な場合には薄毛治療を行っている病院に行って医師に相談してみましょう。

 

産後の抜け毛にもこの育毛剤