びまん性脱毛症原因

スポンサードリンク


女性の薄毛の原因で多いびまん(瀰慢)性脱毛症。びまん性脱毛症の症状と原因は?

 

びまん性脱毛症の「びまん」とは全体に広がるという意味です。特徴として頭部全体の髪が脱毛するので毛髪が全体に薄くなります。

 

そうすると全体の髪密度が低下するので、髪の毛の分け目、全体的に見て頭皮が透けて見えるようになります。特定部位が脱毛するのではなく、毛髪全体が薄くなるため脱毛部の境界がはっきりしない点が特徴。

 

AGA(男性型脱毛症)の場合は特定の部位の脱毛症なのでびまん性脱毛症とは症状が異なります。

 

びまん性脱毛症は男女共に現れる症状ですが、特にに女性に多い脱毛症です。30代後半の中年以降の女性によくみられます。20歳以上の女性の約40%、少なくとも生涯に一度はびまん性脱毛症を発症するとされています。

 

老化、ストレス、極端なダイエット、疲労、食生活、ホルモンバランスの乱れ等が原因とされています。乱れたヘアサイクルを正常化してあげる必要があり、正しい頭皮ケアが必要です。

 

びまん性脱毛症の治療薬として使用されているのがパントガールです。パントガールやミノキシジル、体の内側から栄養補給をするためサプリメントを摂取するなど頭皮の外側と内側からの総合的な頭皮ケアが必要になります。